京都の魅力

  1200年を越える悠久の歴史を刻み、「平安の都」として全国に影響を与え、政治・経済・文化などで中心的な役割を果たす中で、独自の繁栄を築いてきた京都。

  日本列島のほぼ中央に位置し、北は日本海と福井県、南は大阪府、奈良県、東は三重県、滋賀県、西は兵庫県と隣接。南北に細長くのびた地形は、そのほぼ中央に位置する丹波山地を境にして、気候が日本海型と内陸型に分かれ、南部はおだやかな気候の反面、日本海に面した北部は秋から冬にかけ雪や雨が多くなります。

  丹後地域は、日本三景の天橋立をはじめとした豊富な景勝地と自然と歴史遺産が残る内陸部の風光明媚な地区として数多くの観光資源に恵まれ、丹波地域は、緑豊かな自然、城下町、そして集落が特徴です。山城地域は、世界文化遺産や寺社仏閣が点在しながらも、伝統文化と先端技術など様々な顔を持ち、私たちの暮らしを支えています。また平安京造都以来、都市として発展を遂げてきた京都市内は、三方を山に囲まれた盆地に、数多くの寺社や史跡、京町家も含めた歴史的建造物が散在する町並みなど、自然と人々の生活が調和した都市景観が魅力となっています。

  京都が「日本映画発祥の地」といわれているのをご存知でしょうか。1897年、京都市内でフランスのリュミエール兄弟によって発明された映画(シネマトグラフ)の試写実験が行われ、京都と映画の歴史の幕が開きます。日本で初の本格劇映画・時代劇といわれる『本能寺合戦』(1908年、マキノ省三監督)が生まれたのも、京都です。

  ロケ撮影に適した歴史的建造物や古い町並み、山や渓谷など自然にも恵まれ、芸能、工芸、服飾などの伝統文化・産業従事者が多く住んでいた京都は日本映画の中心となり、映画の歴史とともに数多くの名作を生み出してきました。現在も二つの撮影所で映画やテレビなどの撮影が行われ、日本映画を支える役者やスタッフの卓越した技術が受け継がれています。

  歴史・自然を背景に、古き良きものが守り残こされ、新しきものが混在しながらも、更に進化を続ける京都。「ロケスポット京都」は、そんな京都での映像づくりを応援しています。

【お問い合わせリスト】